ミラドライ

ミラドライとは世界初の皮膚を切開せずに本格的なわきが・多汗症治療を行う最新治療器です。
マイクロ波を照射して汗腺をターゲットとし、わきが・多汗症の原因である「アポクリン腺」「エクリン腺」を破壊していきます。
失われた汗腺は再生しませんので手術同様の半永久的な効果をもたらします。

ミラドライのメリット

  • 皮膚を切らないので、傷が残らない
  • マイクロ波で、わきが・多汗症の原因であるアポクリン腺、エクリン腺のみを破壊
  • 汗腺を破壊するため、効果は半永久的
  • 1時間程の短時間で治療ができる
  • 治療直後から効果を実感できる
  • ダウンタイムはほとんどない
  • 治療後、直ぐに日常生活が可能
  • 唯一のFDAと厚生労働省認可の治療
  • 医療費控除の対象である

ミラドライの特徴

わきが・多汗症の原因となる「アポクリン腺」「エクリン腺」は、皮下2~3mmの深さにあります。
ミラドライで使用するマイクロ波は、水分子に選択的に吸収され、エネルギーが熱に変換されます。
マイクロ波加熱は急速で均一に加熱されるため、水分の多いアポクリン腺・エクリン腺のみを破壊していきます。

また、ミラドライの冷却システムにより、皮膚表面は熱から保護され傷つくことはありません。熱の影響は汗腺があるエリアに集中して、脂肪層より深部へのダメージはありません。

このような方にお勧めしています。

  • わきの臭いが気になる方(わきが・脇臭症)
  • 脇の汗が多い方(多汗症)
  • 汗じみ、黄ばみが気になる方
  • 手術以外で治療をされたい方
  • 皮膚に傷を残したくない方
  • 通院ができない方

他の治療との比較

ミラドライ 手術 ボトックス注入
傷痕の有無 なし あり なし
効果の持続期間 半永久的 半永久的 3~6ヶ月
わきが治療効果 有効 有効 やや有効
多汗症治療効果 有効 不向きな場合あり 有効
通院回数 なし 抜糸あり なし
日常生活への影響 支障なし ・2~3日の安静が必要
・1週間の圧迫固定が必要
支障なし
治療時間 約2時間程度 1~2時間 10分程度

治療の流れ

  1. カウンセリング
  2. 治療費のご案内
  3. 治療部のマーキング
    治療範囲のマーキングを行います。
  4. 局所麻酔
    治療部位に複数個所へ麻酔をします。
    麻酔は極細針を使用するため、強い痛みや出血は殆どありません。
  5. ミラドライ照射
    片側の照射は約20分程度です。
    わきが・多汗症の原因であるアポクリン腺・エクリン腺を破壊していきます。
    麻酔の効果と冷却機能により、ほとんど痛みを感じることはありません。
    治療後は、鎮静のために照射部位のクーリングを行います。

治療費

280,000円 ※別途消耗品代・麻酔・薬代等 83,000円
2回目以降 201,000円 ※消耗品代・麻酔・薬代等込み
※1回でも十分な効果を実感できます。より高い効果を望む方は2回以上の治療がお勧めです。

ミラドライは医療費控除の対象となります。
領収書を発行しておりますので、大切に保管ください

よくある質問

Q:ミラドライは痛いですか?

A:施術前に麻酔を行いますので、ほとんどの方は施術中の痛みを感じることはありません。治療後、脇の下は2~3日の間、ヒリヒリすることがあります。腫れは1週間程度でなくなります。

Q:治療時間はどのくらいですか?

A:治療時間は、約2時間程度です。

Q:治療後に通院はありますか?

A:特に問題なければ通院の必要はありません。

Q:治療を受けてからいつ頃から違いが分かりますか?

A:ほとんどの方が治療直後から、変化を実感されています。

Q:通常の生活に戻れるのはいつ頃ですか?

A:治療直後から通常の生活に戻ることができます。ただし、運動や入浴、飲酒は翌日からになります。

Q:脇の下の汗腺がなくなった場合、問題がありますか?

A:心配する必要はありません。人間の身体には体温調節のために400万以上のアポクリン汗腺・エクリン汗腺があります。これらの2%以下の汗腺が脇の下にあります。よって、体温調節においては影響力が小さいと言えます。また、脇の下の汗腺の機能を失くした場合の安全性を説明する文献が50以上あります。

Q:以前にわきが・多汗症で手術をしていますが、ミラドライを受けられますか?

A:手術の手法に応じて、医師がミラドライ治療に適しているかどうか診察いたします。

Q:わき毛は減りますか?

A:個人差がありますが、減少することがあります。

Q:脱毛に通っていますが、施術できますか?

A:組織に炎症がある状態での施術はお勧めできません。ミラドライ施術の前後3ヶ月は期間をあけて下さい。