医療アートメイク

医療アートメイクとは

医療アートメイクとは⽪膚の浅い層に専⽤の針で⾊素をメイク法です。
アートメイクは医療⾏為に該当するので本来、資格を持った医療従事者でなければ⾏うことはできません。
当クリニックは、看護師資格を持ったアーティストが担当させて頂き、医師が常駐しているクリニックの為、安⼼してお受け頂けます。


アートメイクとタトゥーの違い

アートメイクは⽪膚の表⽪層に⼊れ数年かけてターンオーバーによって⾊が抜けていくのに対し、タトゥーは深い真⽪層に⼊るのでなかなか退⾊せず、場合のよっては半永久的に残る事もあります。 アートメイクはダウンタイムも短く約1週間程度です。(タトゥーは1ヶ⽉程度)
また、アートメイクは医療従事者にしか⾏えません。


当クリニックの施術部位

当クリニックでは、眉、アイライン、リップ、頭髪(頭頂部や生え際など)に施術を行います。



Before&After

治療費について

治療費についてはこちら

アートメイクをお受けできない方

  • 麻酔にアレルギーのある方
  • 妊娠中、授乳中の方
  • 金属アレルギーのある方
  • 免疫異常のある方 など

副作⽤等について

当⽇より数⽇間、痛み・腫れ・⾚み・内出⾎・炎症様症状・熱感・痒みなどがあります。
さらに数⽇から1週間程かけて、⽪膚の剥離があります。
また、その他、⾊素の定着不良・⾊素の滲み・処置部の痺れ・アレルギー症状などが⽣じる場合があります。