症例紹介

症例10
QSRLによる唇のシミ、
太田母斑治療

唇のシミ治療
(40代女性)

唇の複数個所にシミがありましたが、複数同時にQスイッチルビーレーザーで照射治療しました。
痛みや腫れ、傷の赤みなどもなく、9日後には通常通りの生活もされています。

BEFORE

AFTER
40代女性 2021.7.28撮影

治療内容
冷却麻酔でQスイッチルビーレーザーを照射。照射後は軟膏塗布。
治療期間・回数
7週間
1回照射
治療費
照射代 25,500円
処置代 1,150円
合計 26,650円
施術のリスク・副作用
リスク:炎症性色素沈着、シミの再発
副作用:
熱感
1~2日ほどでなくなります。冷やすことで軽減します。
かさぶた
レーザーで治療した部位はかさぶたとなります。1週間ほどで自然になくなります。
レーザー後の赤み
レーザーで治療した部分は赤くなります。赤みは2週間程度で薄くなります。

太田母斑治療
(20代女性)

 
思春期以降の女性にも多い太田母斑の治療症例です。
保険診療のQスイッチルビーレーザー5回照射と、自由診療の追加レーザー照射+クールビタミン導入治療で太田母斑のアザはわからない程度まで肌がきれいになっています。

BEFORE

AFTER
20代女性 2021.10.26撮影

治療内容
麻酔クリームで麻酔をしQスイッチルビーレーザーを照射。照射後は軟膏塗布。
照射1ヶ月後からクールビタミン導入で高濃度ビタミンを導入する。
治療期間・回数
20ヶ月
6回照射+クールビタミン導入20回
治療費
5回保険診療にて照射
1回自費照射 22,560円
麻酔代 3,840円
クールビタミン導入20回 67,000円
自費治療合計 93,400円
施術のリスク・副作用
リスク:炎症性色素沈着、シミの再発
副作用:
熱感
1~2日ほどでなくなります。冷やすことで軽減します。
かさぶた
レーザーで治療した部位はかさぶたとなります。1週間ほどで自然になくなります。
レーザー後の赤み
レーザーで治療した部分は赤くなります。赤みは2週間程度で薄くなります。

施術のリスク・副作用について

リスク:感染症、炎症性色素沈着
副作用:治療の程度により、赤み・内出血・腫れやヒリつきが生じることがありますが、ほとんどの場合、数日で消失します。長い方でも1週間程度で消失します。

この症例の治療方法について