症状別治療法

タトゥー・アートメイク

タトゥ―・アートメイク除去

サロンなどの医療機関以外で行う除去法とは異なり、医療機関での治療は安全で効果的に色素を除去できます。

Qスイッチルビーレーザー/Qヤグレーザー

非常に短い時間出力されるパルス幅のレーザーで、タトゥー粒子にのみに働きかけるので正常な細胞へのダメージを最小限に抑えて治療できます。

色や深さによりますが照射間隔は1~3ヶ月で3~10回程の治療回数が必要です。

治療の流れ

1. カウンセリング
タトゥ―の部位・色を確認し患者様のご希望に添える治療法をご案内します。

2. レーザー照射
痛みは輪ゴムで弾かれたような痛みと表現される方が多いです。
麻酔クリームや麻酔テープを使用する事も可能です。

3. 照射後、軟膏を塗布しガーゼまたはテープで保護をします。
1週間~10日程、照射部位に軟こうと肌色テープを使用していただきます。
当日は患部を濡らさないように保護しシャワー浴が可能で、翌日から入浴は可能です。

照射後数日よりかさぶたが出来ますが1週間~10日ほどで自然と剥がれ落ちますので無理に剥がさないようにします。

レーザー照射後は炎症性の色素沈着のリスクを軽減するために紫外線予防に努めて頂きます。

レーザー照射前後

照射前
照射4回後

レーザー照射前後

照射前
複数回照射後

手術

タトゥ―の皮膚を切除し縫い縮める治療です。
小さい場合は1回で切除できますが、大きい場合には、2~4回に分けて行います。
手術の間隔は、個人差によりますが傷の回復と皮膚に余裕が出て弾力が回復する6ヶ月間の間隔をあけて行います。
また、手術で出来る限り切除し、細かい部分はレーザー治療で除去することもできます。

治療の流れ

1. カウンセリング
タトゥ―の状態を診察後、切除回数や切除範囲を決めます。
既往歴やアレルギーの有無を確認し術前の血液検査を行います。

2. 手術当日
医師により切除部位のマーキングを行い、局所麻酔にて切除術を行います。

3. 術後、注意事項や今後の再診予定のご説明をします。
入院は必要なく通院治療となります。

4. 術後およそ7日目に診察し抜糸を行います。

切除後のホームケアについて

  • 創部はガーゼまたはテープ保護をします、次回再診時までそのままでお過ごし下さい。
  • 術後は創部が濡れないように保護しシャワー浴は可能です。入浴は抜糸翌日から可能です。
  • 傷痕修復を促進させるデリケートジェルを塗布していただきます。
  • 傷痕の広がりや盛り上がり予防のためにテープ療法を6ヶ月間行います。
  • 術後およそ5~6ヶ月程で傷痕の赤みは目立たなくなります。

再診について

  • 術後およそ7日目に診察と抜糸を行います。
  • 抜糸後、1ヶ月・3ヶ月・6ヶ月に診察を行います。
  • 数回に分けて切除が必要な場合は、傷が落ち着く6ヶ月以降からの手術となります。

治療費について

タトゥー除去 Qスイッチルビーレーザー 11,200円~
※デザイン・回数等で
割引あり
切除手術 4,100円/1㎜

以下のような症状でお悩みの方に効果的です。

タトゥー・アートメイク

キャンペーン情報

2019/10/01
お顔のシミは第一印象をシミに目線が行き、老けて見られてしまいます。シミが改善するだけで、若返り効果は…続きを見る
2019/10/01
メスを使わずにレーザーにて治療します。傷痕が最小限で済み、傷が目立たずに経過できるテープや医療用コン…続きを見る
2019/10/01
夏の紫外線によるダメージは、今の時期にしっかりとケアしなければ、シミやシワ・クスミ・タルミなどの原因…続きを見る

ママの美容ケア

ブライダルコース

医療レーザー脱毛

PageTop