症例紹介

症例01 ニキビ肌の治療+肝斑治療(30代女性)

お顔全体のニキビで悩まれていた患者様への治療法として、ケミカルピーリングを行いました。

症状に合わせてピーリング剤(グリコール酸・サリケル酸・乳酸)の濃度を調整し、効果を見ながら計15回のピーリングでお肌の状態が大きく改善しました。
ニキビ肌治療と同時に、お鼻のイボもCO2レーザーで除去。
ピーリング効果でホウレイ線も目立たなくなり、美白効果も得られ、ご満足いただきました。

その後、目立ち始めた肝斑の治療も行い、こちらも肌の改善が確認いただけます。
※CP=ケミカルピーリング(1回/1ヶ月) 、TA=トラネキサム酸導入2回+内服
Befor
CP+TA1回施行後
CP+TA2回施行後
CP3回施行後
CP4回施行後
CP5回施行後
この症例の治療方法「ケミカルピーリング」について、詳しくはこちら

キャンペーン情報

2018/02/01
FDA(米国食品医薬品局)認可の、切らずに理想のボディ作りができる治療。気になる部位に専用アプリケー…続きを見る
2018/02/01
キャンペーン肝斑・くすみ治療
これまで肝斑には有効な治療法がなかなかありませんでした。フォトナQXという新型のレーザートーニングは…続きを見る
2018/02/01
老若男女問わず脱毛経験者が増えている昨今、ムダ毛は意外と人に見られています。また、肌の露出の少ない今…続きを見る

ママの美容ケア

ブライダルコース

医療レーザー脱毛

PageTop